消費目的と借り換え目的

カードローンを契約する場合、消費目的よりも借り換え目的のほうが審査に通る可能性が高くなります。

なぜなら消費とは違って借り換えであれば他社の債務が減少するため、申込者の負担が変わらないためです。

借りている他社の金利が高ければ負担は減ることもあります。借り換えをしてまとめることで金利が低くなることもありますが、返済が長期になることもあり、借り換えがすぐに負担減につながるかと言われると場合によります。

とは言え他社のリスクを一手に引き受けることとなりますので、それなりに審査は慎重になります。最初から大きな限度額を貰えることはあまりありませんが、徐々に限度額をアップすることで、他社の債務をまとめていくことが可能です。

ただし極度型のカードローンでは繰り返し借り入れもできてしまうので、意志が強くないと完済は難しいでしょう。

アコムでカードローンを契約する場合

アコムで他社の債務をまとめる場合、気をつけなくてはならないことがあります。それはアコムが総量規制対象の業者だと言う点です。

年収の3分の1以上ある債務は法律上まとめることができません。規定では契約者に有利な場合は3分の1以上の貸出も可能とありますが、ほとんどのケースで認められません。

それは先ほどにも述べたように極度型のローンだという点があげられます。いくら金利が低くなったとしても、繰り返し利用できるカードローンで年収の3分の1以上の借り入れをさせてしまうことは、法律的に違反していると考えられてしまうためです。

消費者金融は銀行に比べると審査が甘いのがメリットですが、大きすぎる債務はまとめきれません。全てまとめるのであれば銀行も検討したほうが良いでしょう。

詳しいアコムの詳細はキャッシング大学にて解説していました。

小口の借り入れをまとめるメリット

テレビのCMでは時間制限もあり、良い部分しかアピールできません。

おまとめローンを提供している銀行の口コミを見ると、期待していたほど借金をまとめたことによる効果がなかったという声や、逆に支払いが長期になってしまったなどの声も寄せられています。

借り換えによってまとめる場合、その人の状況や借金の金額により、メリットがあるかどうかも個人個人によってきます。

中には随時返済が制限されているようなものもありますので、長い目で見ると支払い額が大きくなってしまうこともあります。借り換えやおまとめローンを利用する場合はローンの仕組みをしっかりと理解した上で申し込みをしましょう。

極度型ローンから非極度型のローンになることで、追加融資が受けられなくなってしまうこともあります。